10.11群馬年金一揆2020に参加

 10月11日(日)に高崎城址公園で年金者組合の呼びかけで、「群馬年金一揆」が行われました。非常に天気も良く、夏を思わせる暑い日差しの中でしたが、各地域の代表や4区予定候補の萩原貞夫氏らがあいさつと決意表明をしました。年金者組合の主な主張は、年金の引下げや支給開始年齢の先送りといった年金制度の改悪をやめさせよう。低年金、無年金という人が増えつつあり、最低保証年金をつくろうなどです。そして、何より、憲法を守り、平和な日本を求める立場で、特に安倍政権を引き継いだ菅政権が日本学術会議に人事介入という暴挙に出たことに怒りの声が多く上がりました。集会後、駅前から音楽センターまでデモ行進をして、市民へのアピールをしました。

衆議院第4区予定候補の萩原貞夫さんが、菅首相批判と野党共闘の前進を中心にあいさつ
集会後、高崎駅方面へ向けてのぼりやプラカードを掲げ、デモ行進に出発

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です